つっこみ自由人の雑記帳

ちょっとアウトローでフリークな自由人・竜宮の使いの日記

今年注目した著名人3人

1.イケダハヤト氏

2.佐藤航陽氏

3.落合陽一氏

 っていうか、実は今年になってはじめて名前を知ったみなさんです(笑)。イケダ氏とは一度だけツイッターでやりとりさせていただきました。佐藤氏は著作を拝読させていただきました。落合氏は最近ツイッターでフォローするようになりました。

 

50も過ぎた昭和の“アナログネイティブ”な自分には、30歳そこそこの天才たちの先進的な発想や言葉はよく理解できない部分も多いのですが、ひとつ言えるのは,3人ともこれまでの既存の閉塞した資本主義経済に、新しい価値観である個人の価値主義というカンフル剤を打ち込んでいく存在であること。

 

彼らの描く未来予想図は遠い話ではなく、もうすでに始まっているといってもいい。“昭和アナログ人間”としては、彼らからインスピレーションをもらい、残りの人生をできるだけ楽しくワクワクできるようにアレンジしていくだけですが。。。引き続きフォローしていきます。

 

以前から注目している2人

1.堀江貴文

2.ちきりん氏

 

ホリエモンはどの書籍も言ってることの本質は一緒で、「とにかく周りを気にせず、好きなことに熱中しろっ」てスタンスですね。若者は一歩踏み出す勇気をもらえる部分も多いでしょうね。僕なんかは面白いと思いつつも、「ちょっと理想論だよね」って穿ってみるところもあります。でも年代を超えて日々の生活に活かせる発想もあるので、つい本は買ってしまいます(笑)。

 

ちきりんさんは、ご本人の実務的経験上からの示唆がとても鮮烈に響いてインスパイアされます。特に「生産性」の概念は、一般人だろうが企業人だろうがみんなが持つべき、重要キーワードですね。僕もちきりんさんの影響を受けて、いろんな場面で「生産性がね」って言うようになりました(笑)。ほんとはもっと深い教示もあるんだろうと思うんだけど、自分の能力の範囲で自分の中に落とし込んでいきたいと思ってます。

     

                               以上。。。