つっこみ自由人の雑記帳

ちょっとアウトローでフリークな自由人・竜宮の使いの日記

《年賀状ってオワコン?》

実は僕は年賀状を書くのをやめて20年以上になります。小中学生の頃なんかは一枚一枚手書きでイラストも入れながら気持ちを込めて書いたもんです。それはそれで楽しかったのですが、大人になってからは、いろいろ疑問を持つようになりました。

疑問その1

12月の忙しいときに(当時はワープロ印刷が主流)、時間とインク代と労力を投入し、必死に完成させる割には、得られるものがすくない。

疑問その2

届いたもので出さなかった人には、それから売っている店にハガキを買いにいって、また同じ仕事に時間をとられ、しかも3が日も過ぎた頃に届くから全く季節外れになる。

疑問その3

単にマスプリントしただけのものも多く、形だけになってしまっていて無駄。

疑問その4

写真入りで、子供自慢、家族自慢になっているハガキがなんとも見苦しい。(お互いだけど)

疑問その5

毎日会っている職場の人間同士でのやりとりさえ義務のようになっているのが変。

 

などの疑問が理由で思い切ってやめることにしました。大事な人や親類の連絡先は別途保存はしているので、なんの問題もなくとてもすっきりしています。とにかく年末の貴重な時間を奪われずにとてもリラックスして過ごせるようになりました。まあ、あえてマイナス面を上げれば、年に1回のやりとりだけの友達は減ります(笑)。でもそれはそれなりの付き合いだっただけと割り切ります。

まあ、郵便局は年賀状離れが進むことには危機感は持ってるでしょうね、営業ですから。でも社員に膨大な販売のノルマを課して売れ残りは自腹なんて話を聞くと、かわいそうになります。これも変な話だなと思います。

 

結論、年賀状はオワコンです。これからのデジタル・IT情報化社会が進めばなおさら、だんだん廃れていくでしょう。それでも意味があるという人は、利権がらみの既得権益者かこうであらねばならないという通例・慣例信仰者か。。。ま、個人の自由なんですがね。

 

これからの時代、もうコレっていらないよねっていうものは他にもいっぱいありますよね。これもシリーズで記事にしていきたいと思います。

 

以上です。。。